本能で、恋せよ乙女♡

あなたを世界いち、幸せにできる彼の選び方

CASE3#好きな人ができない

どうも♡パイパン好きな彼のため、脱毛サロンに通っていて、花粉症の処方薬が飲めません。yuumiです。

※笑ってほしいです。捨て身の下ネタw

 

「なかなか好きな人ができない」

絶倫(意味違うw)のわたしからしたら、死ぬほど羨ましい?悩みですが、

そんな声をよく聞きます。

 

質問です。(出たwブルゾンちえみw)

 

あなたは、男性を知る努力をしていますか?

 

もうひとつ言うと、

男性とデートするとき、

(※友達でも、恋人候補でも、男性と2人で出掛けるとき)

「彼を『男』にしよう♡」と最大限の努力をしていますか?

 

例えば、

・タイプの男性とはもちろん、

・タイプではない男性

いろんな男性とデートしたとして、

本気で

彼らを喜ばせよう♡

彼を幸せにするために何ができるだろう?♡

って思って向き合っていますか?

っていう話なのです。

 

これは、「男性の愛し方の練習」だし、

「男性を知る」ということにつながります。

 

結局、恋愛とは言っても、

人と人とのおつきあい。そして

人はみんな「自分に本気で向き合ってくれる人」が好きなのです。

 

全然タイプじゃなくても、

「彼を恋人だと思って、幸せにしよう♡」

 

そういう気持ちで、男性と向き合ってみましょう♡

 

まずは、

・男性を知ること

・男性を愛する練習をすること

デートは、そのためのものです。

 

間違っても、

男性を品定めする場ではありません!

それはいい女のすることではありません。

 

普通の女性は、

タイプじゃない男性のことを、デート段階から切り捨てて、

本気で向き合おうとしません。

 

いい女は、そこが違うと思います。

 

全力で、愛そうとする。

 

男友達だろうが、職場の男性だろうが、

「わたしと一緒に過ごす時間、あなたを『男』にしてあげる♡」

と思っています(笑)

 

男性が女性を喜ばせるのは、もはや当たり前ですが、

女性も、男性に「男」を感じさせてあげるのが

大切な役目なのですよ♡

 

そしてね、デートを習慣にすることで得られるメリットはいっぱいあって、

①潜在意識に、「男性と2人でいる自分」というイメージが刻み込まれます。

 

②「タイプじゃないな〜」

「いい人だけど、リズム感が合わないな〜」

っていう男性とも、本気でデートすることで、

恋愛センサーが磨かれます。

「こういうタイプの人は、合わないなぁ。」

っていう感覚が身につくからです。

 

③「男性ってこういうことしたら、嬉しいんだ!」

「こんなこと言われたら、悲しいんだ。」

男性の反応を見て、彼らを理解することができます。

 

ご存知のように、男性と女性は、違う星から来ています。

どんなことを考え、どんな行動をして、

何を大切にする生き物なのか?

ちゃんと知ろうとする努力、大切だと思います。

 

まとめます。

 

「好きな人がなかなかできない」

という場合、圧倒的に、場数が足りません♡

 

もしくは、何人も何人も、デートしてるのに、

この人!という1人にめぐり逢えていない場合。

 

・本気で、その人を喜ばせようとしてますか?

・その人に「男」を感じさせる努力をしてますか?

※尽くすのとは、全然違いますよ!

「尽くす」は自己犠牲。滅私奉公(笑)

でも、「喜ばせる」は、自分も幸せを感じます。

(この違いについても、いい女のみなさんはわかってる人多いかもだけど

気が向いたらw記事にしますね♡)

 

そして、最も恋愛センサーが鈍る原因。

一緒にいる時間、彼に、

「何かをしてもらう」ことに注力していませんか?

 

「おごってくれなかった」

「喋ってくれなかった」

「リードしてくれなかった」

 

デートの後、そんな感想が多いのなら、

本能(恋愛センサー)が鈍っている可能性大ですよ♡

 

相手基準になっているサインです。

つまり、女性に備わっている「本能で、選び抜く力」が弱まっています。

 

研ぎ澄ましましょう♡

そのためにまずは、身近にいる男性を軽く誘って、

「全力で、デート」ですね♡

 

ちなみに、男性にモテる女性は、

男性をいろんな意味で、たてます♡

※大人のみなさんは、わかると思います。

 

つらい恋なら、やめればいい♡

Enjoy your LOVE♡